« 「You Had It Coming」 | トップページ | きょうスーパーバロンは(BlogPet) »

2006年10月 1日 (日)

「ツレがうつになりまして。」

ツレがうつになりまして。 ツレがうつになりまして。
細川 貂々


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、細川貂々さんの「ツレがうつになりまして。」です。

 文字通り、ご主人がうつ病になってしまった奥さんのコミック・エッセイです。

 普段はあまり本を読まないママしゃんが読んでみたいということで、都心の大型書店まで買いに行きました(アマゾンさんでは在庫なしだったもので・・・)。

 ママしゃんが読み終えたので、うつをも読んでみました。

 で、感想。メンヘラーのいるお宅は何処か似た様なところがある。ママしゃんも同じ感想でした(笑)。

 とってもライトな本なので、メンヘラーの家族の方、メンヘラー自身も読んでみると良いと思います。

 なかなか結構な本だったなぁというのがうつをの感想です。

 

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 日記ブログへ←参加しています。

|
|

« 「You Had It Coming」 | トップページ | きょうスーパーバロンは(BlogPet) »

コメント

うつをさん、こんばんは。

この本は新聞の広告欄で見つけて、読んでみたいなぁ、
と思っていたところです。

今まで夫が何冊かうつ関係の本を買ってきたのですが、
やはり症状や対処法も人それぞれなので、ぎっしり文字
で書いてあると、逆に重い感じがしてしまったりして
馴染めなかったのですが、これはコミックなので気軽に
読めそうですね。

私も本屋さんに探しに行ってみようと思います。

投稿: raika | 2006年10月 2日 (月) 00時43分

>raikaさん
コメント、ありがとうございます。
とってもライト、それでいて真摯な内容なのでお薦めです。
これからも、宜しくお願い致します。

投稿: うつを | 2006年10月 2日 (月) 17時15分

こんにちは。根岸のねこです。
うつをさんが読んでお勧めならばよい方向に書いてあるのでしょうね。
私は書いてある内容にショックなことがないか不安なのと、まだ本を真剣に読める集中力が戻らないので、なかなか本を読む機会がありません。
私もこの危機を乗り越えて薬が減って頭がクリアになれば、買ってある本を読みたいです。

投稿: 根岸のねこ | 2006年10月 7日 (土) 20時41分

スーパーバロンはここで紹介された!
でここにうつをと参加する?

投稿: BlogPetのスーパーバロン | 2006年10月 8日 (日) 17時16分

>根岸のねこさん
コメント、ありがとうございます。
元来の読書好きなお陰で、うつが最も酷い時でも読書だけは出来ました。
ねこさんが早く読書出来るように祈っています。
これからも、宜しくお願い致します。

投稿: うつを | 2006年10月 8日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/12110449

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツレがうつになりまして。」:

» excideuil [excideuil]
fuoco sant antonio fornello d italia fabbricante di protezioni corporali [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 01時07分

» 『ツレがうつになりまして。』 [こころとともに]
細川貂々さん著作の漫画単行本です。 うつをさんのブログで(かなり前に)紹介されて [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 19時30分

« 「You Had It Coming」 | トップページ | きょうスーパーバロンは(BlogPet) »