« ポーちゃん、来襲 | トップページ | バロンは我が家へやって来た時(BlogPet) »

2006年11月17日 (金)

「大原さんちのダンナさん―このごろ少し神経症」

大原さんちのダンナさん―このごろ少し神経症大原さんちのダンナさん―このごろ少し神経症
大原 由軌子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日、ご紹介するのは大原由軌子さんの「大原さんちのダンナさん―このごろ少し神経症」です。

 以前ご紹介した「ツレがうつになりまして。」同様、メンヘラーの奥さんのコミックです。

 実は大原さんちのダンナさん、「精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう」の著者、大原広軌さんなのです。

 「精神科に行こう!」が大変面白かったので、その奥さんのコミックも面白いだろうと購入しました。

 案の定、大変面白かった。

 メンヘラーを抱えた奥さんは何処のお宅も大変。だけど其れなりに面白おかしく暮らしているのだなと言うのがうつをの感想です。

 興味のある方は、是非(^^)。

 
精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう
大原 広軌


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 日記ブログへ←参加しています。

|

« ポーちゃん、来襲 | トップページ | バロンは我が家へやって来た時(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/12721556

この記事へのトラックバック一覧です: 「大原さんちのダンナさん―このごろ少し神経症」:

» 軽くて暖かくて柔らかくて肌触りふわっふわ!シルクのツヤも良いとこ取り!シルクカシミアマフ... [季節特集]
サーチエンジンからたどり着きました。 [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 18時48分

» 人文歴史 こころの仕組 其の1 [人文歴史、宗教と科学の接点]
こころの仕組み 其の1 [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 00時24分

« ポーちゃん、来襲 | トップページ | バロンは我が家へやって来た時(BlogPet) »