« 今年の流行語 (今日のテーマ) | トップページ | 以前飼ってた (今日のテーマ) »

2007年11月17日 (土)

「パール判事の日本無罪論」

パール判事の日本無罪論 (小学館文庫) パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)
田中 正明


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、田中正明さんの「パール判事の日本無罪論」です。

「私は真実を真実と認め、正しき法を適用したにすぎない」。判事11名の中ただ1人日本無罪を主張した唯一の国際法学者、パール判事。国際法に拠らず、事後法によって行われた東京裁判を戦勝国による「リンチと何ら変わらない復讐」とし、違法だと非難した彼の主張は、その後世界の識者に高く評価された。本書は、パール判決文を中心にマッカーサーも認めた「東京裁判の不正」を問う。戦後日本人の歪んだ贖罪意識にメスを入れる、不朽の名著復刊!

 「A級戦犯が合祀されている靖国神社参拝には反対」という意見をお持ちの方も少なくないと思いますが、そのA級戦犯を裁いた東京裁判が如何に不正な裁判であったかを、本書は教えてくれます。

 うつをが四の五の語っても、語りきれません。

 太平洋戦争に、A級戦犯に、靖国神社参拝に興味が少しでもある方には、是非読んで頂きたいと思います。素晴らしい良書です。

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 日記ブログへ←参加しています。

|

« 今年の流行語 (今日のテーマ) | トップページ | 以前飼ってた (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/17098630

この記事へのトラックバック一覧です: 「パール判事の日本無罪論」:

« 今年の流行語 (今日のテーマ) | トップページ | 以前飼ってた (今日のテーマ) »