2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

時計


The Moon Age Calender


最近のトラックバック

BlogPeople

スポンサード リンク




名言集


« 中華まん (今日のテーマ) | トップページ | うれしい! (今日のテーマ) »

2008年1月25日 (金)

「生きがいの創造Ⅱ」

生きがいの創造II (PHP文庫 い 38-10)生きがいの創造II (PHP文庫 い 38-10)
飯田 史彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、飯田史彦さんの「生きがいの創造Ⅱ」です。

単行本『生きがいの創造』が、まったく新しいタイプの人生の案内書として話題を呼んでから、本書の親本であり、続編となる、単行本『生きがいの創造Ⅱ』が世に出るまでに、実に9年の歳月が過ぎていた。そして、その本の冒頭には、「このことを公開すべき時がようやく、やってきました」とある。つまり、『生きがいの創造Ⅱ』とは、『生きがいの創造』を発表するにいたった経緯を、著者自身が綴った告白の書と言ってよい。
内容は、「そんなこと絶対にあり得ない」と言いたくなったり、「これは空想的な物語だろう」と評価する読者がいるかもしれない。しかし、ここに書かれていることは、まぎれもなく、著者自身の体験なのである。
直観力が鋭くなくても、「心の眼」を大きく開いて読めば、そういう世界が存在しても不思議ではないと、理解できるはずだ。その時、読者は歴史が変る証人になっているはずだ。
なぜ生きなければいけないか、その理由がわかる本。

 いやぁ、参りました。江原さんや美輪さんとは一線を画すスピリチュアル・ワールドへ、うつをを誘ってくれた本「生きがいの創造」の続編「生きがいの創造Ⅱ」。大変ワクワクしながら読んだのですが・・・。

 モノの見事に裏切られました。其処には、江原さんや美輪さんの世界が綴られていました。ガッカリです(涙)。

 飯田史彦さんは、こんな陳腐な本は書かない人だと思っていたのになぁ。前作「生きがいの創造」が、とても好い本だっただけにうつをの落胆はマックスです。

 読んだタイミングが悪かったのだろうか、改めて別の機会に読み直せば納得出来るのだろうか。ふぅ~む。

 ま、「生きがいの創造Ⅱ」は兎も角として、「生きがいの創造」は良書なので、興味のある方は、是非。

生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)
飯田 史彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 日記ブログへ←参加しています。

« 中華まん (今日のテーマ) | トップページ | うれしい! (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/17834160

この記事へのトラックバック一覧です: 「生きがいの創造Ⅱ」:

» 潮吹きボーナスでオナニーのお手伝いプラス潮吹き報酬をゲット [潮吹き]
今日もお気に入りのあの子としてきました!オナニー手伝ったという名目で10万もゲットできたぉwww [続きを読む]

« 中華まん (今日のテーマ) | トップページ | うれしい! (今日のテーマ) »

姉妹ブログ

うつを家のカウントダウン





うつをのカウントアップ



ケロールのカエルティッカー(ニュース)


お天気予報


コラブロ


ジオターゲティング



  • ジオターゲティング

blog-tunes


Amazon.co.jp



読書メーター


  • うつをの最近読んだ本

トラックバック・ピープル

  • メンタルヘルス
  • おっ!本
  • 音楽
  • 日々日記
無料ブログはココログ