« 語呂あわせ (今日のテーマ) | トップページ | オレ時間 (今日のテーマ) »

2008年7月12日 (土)

「震度0」

震度0 (朝日文庫 よ 15-1) (朝日文庫 よ 15-1)震度0 (朝日文庫 よ 15-1) (朝日文庫 よ 15-1)
横山 秀夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、横山秀夫さんの「震度0」です。

阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部の警務課長の不破義人が失踪した。県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 本部長の椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬木警務部長、準キャリアの堀川警備部長、叩き上げの藤巻刑事部長など、県警幹部の利害と思惑が錯綜する。ホステス殺し、交通違反のもみ消し、四年前の選挙違反事件なども絡まり、解決の糸口がなかなか掴めない……。

 横山さんの作品で、舞台が警察とくればミステリーとなりそうですが、本作はミステリーではありません。文庫本の帯にも書いてある通り、「これは警察内部の権力闘争だ!!」。パワーゲーム、情報戦のお話です。

 キャリア組 vs ノンキャリア組、警務部 vs 刑事部。県警幹部達が保身・野心の為に情報戦を繰り広げます。

 一見一枚岩に見える組織の何と脆いこと、そしてその脆弱性を踏み台にして我田引水しようとする幹部達のあざとさ。

 キャリア組にもノンキャリア組にも属さない準キャリアの警備部長だけが、唯一の救いです。

 中々の長編ですが、構成が巧みなお陰で飽きることなく最後まで読みきることが出来ました。

 ただ、横山さんにはミステリーを期待しているので、いささか期待はずれでした。

 でも、横山さんご自身は書きたかったのでしょうね、この作品を。

 ついでと言っては何ですが、これを機会に避けていた「クライマーズ・ハイ」も読んでみようかな(^^)

 なんだかんだ言っても、面白い作品でした。

 興味のある方は、是非!

震度0震度0
横山 秀夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 日記ブログへ←参加しています。

|

« 語呂あわせ (今日のテーマ) | トップページ | オレ時間 (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/41811802

この記事へのトラックバック一覧です: 「震度0」:

« 語呂あわせ (今日のテーマ) | トップページ | オレ時間 (今日のテーマ) »