« 中華まん (今日のテーマ) | トップページ | 「人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ」(BlogPet) »

2009年1月25日 (日)

「人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ」

人生の王道  西郷南洲の教えに学ぶ 人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ
稲盛 和夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、稲盛和夫さんの「人生の王道  西郷南洲の教えに学ぶ」です。

西郷隆盛没後130周年、生誕180周年にあたる2007年、鹿児島に生まれ、子ども時代から西郷の思想を生きる基本とし、その「敬天愛人」を京セラの社是としてきた著者が、日経ビジネスに連載して大反響を呼んだ「敬天愛人 西郷南洲遺訓と我が経営」を大幅に加筆修正して、西郷精神の復活を訴える。明治維新の立役者ながら、政府内での意見対立から下野した西郷は西南戦争に決起するまでその思想・哲学を私学校の生徒らに教えた。南洲遺訓全41条はそれを山形県の旧庄内藩の有志がまとめたもの。「命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ人はしまつに困るものなり。このしまつに困る人ならでは艱難(かんなん)をともにし、国家の大業はなし得られぬなり」は有名なくだりだ。急速な国際化、M&A全盛による金銭万能、効率優先と企業、学校、官僚社会における多くの不祥事など世情の乱れが目立ってきたなかで、著者は今こそ、西郷の精神の復活こそ急ぐべきだとして、独自の解釈で41条を読み解いた。

 幕末の志士といえばうつを的には坂本龍馬さんなのですが、西郷隆盛さんの教えに心打たれました。

 欧米や中東は宗教が人生の規範だと思うのですが、日本国は親から子へ、大人から子どもへ伝える「道徳」が人生の規範だと思うのです。

 で、昨今の日本国を顧みるに、「道徳」の不徹底を感じずにはいられません。

 「克己」「敬天愛人」「利他」……。

 自戒の意味もこめて、一言一句を大切にしながら読んだ積もりです。少しずつ、実践していく積もりです。

 良書です。

 興味のある方は、是非!

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 日記ブログへ←参加しています。

|
|

« 中華まん (今日のテーマ) | トップページ | 「人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ」(BlogPet) »

コメント

うーん。
西郷さんね。
私も参考にさせて頂いている「致知」っていう「かなり」右系の思索誌?がある。その中でも激賛!する論客が多い。
うーん。
私は右でも左でもなくて、「前」なんだけど、世の中の「右化」に不安を感じている一人だ。現代の不道徳さはヨークわかるけど、温故知新でいいのか?ということよ。
私は「温新知故(おんしんちこ)」なんだなあ。響きは悪いけどね。そんな中、西郷さんで良いのか?ということ。龍馬はおそらく、天皇制さえも利用しようとしていたと思うんだ。そこが凄い。
西郷さんは、「人間関係」の「義」を大事にしてきて、そこから革命を起こしてきたのが凄い。
どっちが凄いかということではなく、現代の問題点は「不道徳」でも「非道徳」でもなく、「寄る辺」がないことなんじゃないかな?
そんなことを最近考えます。長くてごめん。
秋前に出る第三の本の原稿を書き終えて。

投稿: GO旦那 | 2009年1月25日 (日) 23時44分

>GO旦那くん

執筆で疲れているのに、コメントありがとう(^^)

「西郷南洲遺訓」に初めて触れたので、ちょっと興奮しています(^^; 今後、じっくりと消化していきたいと思っています。

受け継がれている先人の教えは決して戯言ではなく、何かしらがあるから受け継がれていると思っています。それを鵜呑みにするか、吟味して自分なりの答えを出すかは本人次第。

その「寄る辺」が「お天道様が見ている」等の「道徳」なんだと思うんだけどなぁ、違うかな? 道徳の先生に意見して失礼(^^;

これからも、宜しく。

投稿: うつを | 2009年1月26日 (月) 10時18分

そうですね。

「受け継がれている先人の教えは決して戯言ではなく、何かしらがあるから受け継がれていると思っています。」
ちゅうのは、同感ではあります。
しかし、「お天道様が見ている」式の道徳は、教育現場で指導するのはかなり困難だなあと思っております。
自分は「どんな価値判断で、どう行動すれば、自分も学校の友達といった周りの人にとっても、自分の住む街にとっても、日本にとっても、世界にとっても、「幸せ」なのか?
ということをきちんと「思考」してほしいのです。
私が言いたいのは、「寄る辺」は自分の心だということ。
そして、自分の心は、自分や人間関係の中で育てるのだということ。
かつての、我々の大学の悪友たちのように。

で、西郷さんも龍馬も、凄い人なんだけど、まずは自分だ!

ということなんだなあ。

うーん、論理性に乏しいコメントですまん。

投稿: GO旦那 | 2009年1月26日 (月) 22時00分

あ、追記!
日本人の躾の中で、これは良くない!と最近思うのは
「人様に迷惑をかけないように」っていうやつ。
そんな後ろ向きな「道徳観」しかないから、「自己中」が育つのですね。
そんな子供に「お天道様がみてる!」といっても
「かんけいねー」
となってしまうのです。
「誰かに迷惑かけてんじゃあねえからいいだろ!」式のわがままバカ青年を増やしたのが、「人様に迷惑をかけないように」ではないか?と最近思ってます。

投稿: GO旦那 | 2009年1月26日 (月) 22時04分

>GO旦那くん

再度のコメント、ありがとう(^^)

能動的な自分磨きって認識で良いのかしら。

四半世紀の付き合いだから、根っこの部分のブレは無いと思っています。

「お天道様が見ている」は学校教育の守備範囲ではないでしょう。んなものは、就学前に学ぶこと。

「他人様に迷惑をかけないように」も含めて、お酒でも飲みながらゆっくり話しましょ(^^)

これからも、宜しく。

投稿: うつを | 2009年1月27日 (火) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/43851217

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ」:

« 中華まん (今日のテーマ) | トップページ | 「人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ」(BlogPet) »