« 景気 (今日のテーマ) | トップページ | 七草粥 (今日のテーマ) »

2009年1月 6日 (火)

「「心の病」なんかない。」

「心の病」なんかない。 「心の病」なんかない。
大野 裕


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、大野裕さんの「「心の病」なんかない。」です。

「日本経済新聞」夕刊の人気連載「こころの健康学」が本になりました。うつ、不安、無気力、孤立感・・・。そんな「つらい気持ち」が軽くなる100の考え方を紹介。不安やうつがあっても、楽しく生きられます!

 日本における認知療法の第一人者である大野さんに、「心の病なんかない」と言われてしまうと、うつ6年生のうつをって何者?と思ってしまいました。

 が、読み進め、「おわりに」に大変印象深いフレーズがありました。

心が病気になるわけではないのだ。

私は、精神疾患は精神作用にたずさわる脳の機能の失調だと考えている。

 そうだ、精神疾患は心は病んでいる訳ではないのだ。心の強弱で精神疾患になる訳ではないのだ。

 本文は、所謂うつ本を読み漁っているうつをにとっては特に目新しい内容ではありませんでしたが、「おわりに」を読んで本当に好かったと思っています。

 興味のある方は、是非!

「心の病」なんかない。 (幻冬舎文庫) 「心の病」なんかない。 (幻冬舎文庫)
大野 裕


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ←参加しています。

にほんブログ村 日記ブログへ←参加しています。

|

« 景気 (今日のテーマ) | トップページ | 七草粥 (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/43654937

この記事へのトラックバック一覧です: 「「心の病」なんかない。」:

« 景気 (今日のテーマ) | トップページ | 七草粥 (今日のテーマ) »