« にくじゃがって答えたい (今日のテーマ) | トップページ | 必需品ですね (今日のテーマ) »

2009年4月23日 (木)

「心の悩み外来」

心の悩み外来 (生活人新書)心の悩み外来 (生活人新書)
野村 総一郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、野村総一郎さんの「心の悩み外来」です。

家庭で職場で学校で、心の病に悩み苦しむ人が急速に増えている。何を悩み、どう苦しんでいるのか。心の悩みは「怖い」病気、「恥ずかしい」病気ではない。その症状から治療法、治癒経過の実際を、現場の医師が分かりやすく解説。心の病の入り口に立つ多くの人々に、精神科治療最前線からのアドバイス。

 著者を、かなりの高齢で現場からは遠ざかっている先生だと思っていたので、敬遠しておりました。#なので、メンタル関連は大野裕さんの本に偏っていました。

 真実は今年、還暦を迎えられる現役の臨床医さんでした (^^;

 大野さんの本だと認知療法に重きを置かれがちですが、本書は臨床・薬物療法・心理療法がトータルで取り上げられていたので、今更ながらに再認識をさせてくれた良書だと思いました。

 「こんな人がうつ病にかかりやすい」で書かれていた言葉が、心に残りました。

 「うつはその人の良さの裏面である」

 興味のある方は、是非!

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 本ブログへ←参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ←参加しています。

にほんブログ村 その他日記ブログへ←参加しています。

|

« にくじゃがって答えたい (今日のテーマ) | トップページ | 必需品ですね (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/44764218

この記事へのトラックバック一覧です: 「心の悩み外来」:

» うつ病でお悩みの方の医療保険加入について [芝浦の保険屋さ〜ん♪]
生命保険、医療保険ともに「うつ病だと保険に加入できない」と一般的には言われています。保険会社は過去の統計データから事故発生率を計算し、保険料を算出していますが、うつの場合は統計データで正確な判断がしにくいため、リスクが読めないとのことなのだろうと、私は推測しています。とはいえ、肉体的な問題があるわけでもなく、一般的な方々と病気になる可能性・リスクは代わりありません。一方、昨年「少額短期保険会社」の...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 20時26分

« にくじゃがって答えたい (今日のテーマ) | トップページ | 必需品ですね (今日のテーマ) »