« ハンターですから! (今日のテーマ) | トップページ | ジンクスみたいな? (今日のテーマ) »

2009年5月21日 (木)

「精神科にできること」

精神科にできること―脳の医学、心の治療 (講談社現代新書)精神科にできること―脳の医学、心の治療 (講談社現代新書)
野村 総一郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、野村総一郎さんの「精神科にできること」です。

脳のしくみが徐々に解明され、治療薬の開発が進み、診断機器も発達した。いま、精神科の力は確実に向上している。薬は有効か? カウンセリングは? 第一線の医師が解説する。

 今まで、うつの本・認知療法の本ばかりを読んでいましたが、精神科全般を大枠で捉えることができたのではないかと思います。うつ以外の精神疾患をある程度、理解できた様な気がしますし、何より、精神医学には脳精神医学と心理主義精神医学の2つの流れがあることを知り、大きな収穫でした。奇しくも併読しているカウンセリングの本にも、西洋発祥のカウンセリングに東洋的な要素の加味の可能性を示唆する記述があったのは、偶然とは思えませんでした。

 興味のある方は、是非。

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 本ブログへ←参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ←参加しています。

にほんブログ村 その他日記ブログへ←参加しています。

|

« ハンターですから! (今日のテーマ) | トップページ | ジンクスみたいな? (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/45080551

この記事へのトラックバック一覧です: 「精神科にできること」:

« ハンターですから! (今日のテーマ) | トップページ | ジンクスみたいな? (今日のテーマ) »