« どの卵がすきですか? (今日のテーマ)(BlogPet) | トップページ | 地球のために! (今日のテーマ) »

2009年7月16日 (木)

「1973年のピンボール」

1973年のピンボール1973年のピンボール
村上 春樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ども、うつをです。

 今日ご紹介するのは、村上春樹さんの「1973年のピンボール」です。

僕たちの終章はピンボールで始まった。雨の匂い、古いスタン・ゲッツ、そしてピンボール……青春の彷徨は、序章もなく本章もなく、いま、終わりの時を迎える。新鋭の知的で爽やかな ’80年代の文学。

 感覚的に、この作品を味わうことが出来ました。楽しむことが出来ました。

 理論立てて、納得することを善しとしていた、以前の私では考えられないことです。

 今は自分の感覚を信じる。信じ得る感覚であろうと、自分の五感を研ぎ澄まそうとしている今だからこそ、楽しめた作品なのだと思います。

 面白い、面白くない、わからない。大きく感想が割れる作品だと思います。

 興味のある方は、是非!

1973年のピンボール (講談社文庫)1973年のピンボール (講談社文庫)
村上 春樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 本ブログへ←参加しています。

にほんブログ村 その他日記ブログへ←参加しています。

|
|

« どの卵がすきですか? (今日のテーマ)(BlogPet) | トップページ | 地球のために! (今日のテーマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/45648531

この記事へのトラックバック一覧です: 「1973年のピンボール」:

« どの卵がすきですか? (今日のテーマ)(BlogPet) | トップページ | 地球のために! (今日のテーマ) »