« 七五三 (今日のテーマ) | トップページ | 色イロ (今日のテーマ) »

2010年11月15日 (月)

生兵法は怪我の元

 ども、うつをです。

 今回の仕事を始めるにあたって幾つかのテーマを持っていたのですが、そのうちの1つが「共感」でした。心理を少々齧ったので、それを実践してみようと思ったのです。

 専門的な訓練を受けた訳ではないので、来談者中心療法的なアプローチをすることしか出来ず、とことん共感し尽くそうと考えました。

 半年ほどは功を奏しました。少年の気持ちに寄り添うよう心掛けしました、無条件に甘受しました。彼も心を開いてくれていた様に思います。少年ばかりではなく、母親の信頼も得ていたと思っています。

 が、自分の考え方・感じ方に沿わないことにまで共感しようとした所為か、ぶっちゃけ、付き合い切れないと言う領域にまで達してしまいました。文字通り、自分を殺している状態になりました。

 このままでは自分が死んでしまうと思い、共感のアクセルを少し緩めました。ここまでは共感出来るけど、これ以上は共感出来ない。

 暫くすると、少年と母親に言われました。態度が180度変わった。

 彼らにとってはその通りだったのでしょう、今までは「そうだね、その通りだね」と言っていた奴が、最近は自分の意見を言うようになった。言うことを聞いていた奴が、聞かなくなった。

 元々が無理なことを始めたのでしょう、訓練を積んでいないこと・求められていること以上だったこと。

 自分自身の限界と、「生兵法は怪我の元」と言う言葉を、身をもって学びました。

banner_02←参加しています。

にほんブログ村 その他日記ブログへ←参加しています。

|
|

« 七五三 (今日のテーマ) | トップページ | 色イロ (今日のテーマ) »

コメント

お久しぶりです。(^^)

共感しつつ、コントロールしていくのはとても難しいですよね。共感し過ぎると、助言を受け入れてもらうのが難しくなるし、かと言って共感せずにいると、コミュニケーションを取れないケースもあるし。
私も心理を学びましたが、全面的に共感という手法は学んでいる段階から違和感を持っています。
クライアントを否定せずにこちらの意見を言えたらいいのだけど、難しいですよねー。

投稿: まりも | 2010年11月15日 (月) 22時51分

>まりもさん

お久しぶりです。体調は如何ですか? (^^)

共感的理解の「的」を完全にはき違えていたなと痛感しました。痛い目にあいました (^^;
全面的な共感って自我をある程度確立している西洋人にはありだけど、どちらかというと自己な日本人には難しいのかもしれませんね。
自分の意見を相手の腑に落ちるように伝えることも難しい。

これからも、宜しくお願いします。

投稿: うつを | 2010年11月20日 (土) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100072/50036075

この記事へのトラックバック一覧です: 生兵法は怪我の元:

« 七五三 (今日のテーマ) | トップページ | 色イロ (今日のテーマ) »